株式会社JSOL トップページへ

DIGITAL Analytics

ソリューション紹介

ビッグデータ活用による新たな課題・気づきの発見

IoTや様々なデジタルチャネルから取得できるビッグデータの活用は、企業経営にとって最優先の課題であり、マーケティングやビジネスレポート、様々な個別業務などあらゆる分野で活用が可能です。 デジタルデータ活用のためには、対象とする業務と活用の目的を明確にし、データ分析プラットフォームを構築し、最新のアナリティクステクノロジーやデータサイエンティストのノウハウやAIの活用により、これまで見えなかった課題や気づきを導き出す必要があります。

SERVICE & SOLUTION

JSOLの「DIGITAL Analytics」ソリューションでは、対象領域とその目的を明確化したうえで、必要なデータの収集やデータプラットフォームを構築、分析ツールやノウハウの提供、分析によるビジネスKPIの設定・検証をトータルに提供します。

< 主なサービス >

仮説策定

仮説策定
既存データの分析により現状を可視化し、新たなデータを活用した施策(仮説)を立案します。

検証(KGI/KPI策定・検証)

検証
KGIを実現するためのKPIを設定し、必要なデータの収集、KPIのモニタリングを行います。モニタリング結果に基づき新たな施策を立案します(PDCA)。

データプラットフォーム構築
(DMP構築)

プラットフォーム構築
分析に必要なデータプラットフォームを構築(クラウド・オンプレ)し、データ連携開発やデータ移行、データマートの設計・構築を行います。

データアナリティクス
(課題認識・パターン化・新たな気づきの発見)

データアナリティクス
ビッグデータに予測モデリング、テキストマイニング、予測分析、統計分析を行うことでマーケティング施策やビジネス戦略の意思決定を行うための洞察や新たな気づきを導き出します。

Webアナリティクス/
ソーシャルアナリティクス

Webアナリティクス、ソーシャルアナリティクス
Webアクセス分析による数値解析、ヒートマップによるイメージ解析、DMPを活用したカスタマー分析、ソーシャルリスニングなどにより、顧客インサイトの可視化を行います。

AI活用支援

AI活用支援
機械学習フレームワークを使ったサービス構築(POC)、自然言語フレームワークを使ったサービス構築(POC)、AI活用構想の策定、AI学習データ作成、AI学習支援など、AI活用のトータルサポートを行います。
[ 活用領域 ]

マーケティング領域、ビジネス戦略・経営戦略領域、個別業務領域

TECHNOLOGY

【AI】
・IBM Watson(IBM)
・TensorFlow(Google)
【DWH・ETL】
・Redshift(Amazon)
・BigQuery(Google)
・Asteria(Asteria)
・Talend(Talend)
【Web・ソーシャルアナリティクス】
・IBM Tealeaf(IBM)
・なづきのおと(NTTデータ)